Labels




QUESTIONS TO SALUSA – In English only

questionstosalusa@gmail.com




Saturday, July 13, 2013

Japanese - SaLuSa 12:07:2013



 

サルーサ・・・2013年7月12日
SaLuSa 12:07:2013
http://www.ascensionearth2012.org/2013/07/salusa-via-madad.html
Chaneller : MADAD

私たちの内なる導きに従い、古いあり方を捨て去る選択をした人たちの一人一人に対して待っていた瞬間がここに来ています。自分の奥深くの自己に素直に従い、それ以上のものを発見してください。今はあなた方の体のエネルギーが向上し、周波数が地球の歴史のあらゆる瞬間よりも高くなる時が来ます。あなた方を取り囲む愛の引き寄せを感じ、内なる導きの声を聞き、自分の真の姿についてマインドを混乱させないようにしてください。次元上昇のプロセスへの従い方は一人一人の人によって異なるので、一歩踏み出す都度あなた方は単純に一緒になり、私たちの支援で、あの約束された土地を作り出すのです。古いことを捨てて、新しいことに従うと明確に決定すると、あなた方をこれまでよりもはるかに強く呼びつけるあらゆることが定着するでしょう。


あなた方が、私たちの上空での飛行を見て、あなた方の思考がほとんどの時に愛すべきものであり、あなた方全てがデスクロージャーは何時起きるのだろうかと尋ねていると感じられます。おそらく正確にはあなた方が考えていた通りではないでしょうが、それは既に起きていているので、どうか目覚めたばかりの人たちに、私たちが存在する事が初めてわかるようにする方法を思い出す余地を作ってあげてください。あらゆる事は私たちのプランに従っていますが、プランはいつも変化し、デスクロージャーが今はゆっくり進行しているとしても、明日には指導者たちが長年の間隠されていた事実全てを開示するかもしれません。恐れや疑念は、あなた方の進歩を妨げるので、それに囚われないようにしてください。最も慣れている心地良いやり方で恐れや疑念を捨て去り、既にそこにあってあなた方を待っている美しい未来に集中してください。

あなた方にとってはそうすることが容易ではないと感じられますが、あなた方は、今起こりつつあり、全てが確実な夢に向けて現実を変革させる全ての変化に耐えるようにしっかりと立っている素晴らしく、強力な光の存在であるものと見られます。私たちはあなた方を導き、私たちも自分自身の道に従い、あなた方に近づけるあらゆることを実施しているのですから、あなた方と共に進めることに最高の喜びを感じているのです。いまだに私たちと直接通信が出来ないと信じている人たちがいますが、全ての人はこの能力をもっているのに、今はそのようにする選択をしていないだけなので、私たちは、この人たちが、今が通信を試みる時だと判定するまで辛抱強く待っています。自由意志を犯すことになるので、私たちはこの選択に影響を及ぼすことはできません。これは私たち全てが従わなければならない宇宙の法ですが、私たちは私たちとの通信を行いたいと思う人たち全てを歓迎しますので、静かな場所を選んで私たちのことを考え、用意が出来次第、あなた方は確かに私たちの暖かい挨拶を聞き、あるいは感じられるでしょう。

私はシリウスのサルーサで、あなた方が、考えていたものよりもはるかに優れた能力を自分で見出す時を待っています。このような時は時の流れを変え、流れに沿うもの全てが、ふるさとへの道の途上で起きる驚異と奇跡の真の発現を見ることでしょう。私たちはあなた方全てを愛しており、振動の上昇と共に、もっと多くの愛を贈ることができるようになります。それを感じてください。


Channeller: MADAD 




Translator: Taki 

cobra

MAKE THIS VIRAL!

http://prepareforchange.net/participate/



CLICK THE FIRST BUTTON OF THE RIGHT (CAPTIONS)
TO GET SUBTITLES IN VARIOUS LANGUAGES

please sing this petition

Richard Dolan




CLICK THE FIRST BUTTON OF THE RIGHT (CAPTIONS)
TO GET SUBTITLES IN
VARIOUS LANGUAGES

Ch + Sirius

At the National Press Club in Washington DC from April 29 till May 3, 2013

un